VBA pタグ 取得

初心者向けエクセルvbaでieを操作するシリーズの第2回目です。今回はhtmlタグと要素について簡単に説明をしつつieで開いたページのhtmlドキュメントを取得する方法についてお伝えします。 firstElementChild .

lastElementChild . jsonに取って代わりつつあるものの、未だ根強く残り続けるxmlファイル。本日はvbaでxmlファイルを開き、中身を書き換えて名前を付けて保存を行うマクロを作ったので備忘録。 log ( document . pタグの中身を取得する. 次のスクリプトでは、pタグを取得し、全ての中身を書き出しています。 GETOLEITEMを実行することにより要素数を取得できますので、順番にinnertTextやinnertHTMLで取得していきます。 スクリプトは下記のようになります。 先ほどのpタグを参照する場合は下記のようになります。 console .

初心者向けエクセルvbaでieを操作するシリーズの第2回目です。今回はhtmlタグと要素について簡単に説明をしつつieで開いたページのhtmlドキュメントを取得する方法についてお伝えします。 上記はタグの中にタグがある「入れ子」という構造になっています。getElementsByTagNameでpを取得することもできますが、 まずはdiv(MainText)から取得して、その子であるpを取得する手法を説明しま … 10行目の先頭はdocumentではなく、9行目で取得したdiv2です。 getElementsByTagNameメソッドの引数のpは、2,3行目のpタグを指します。複数の要素(オブジェクト)を取得します。 14,18行目は、textContentに値を設定しています。 CSSで文字の色を変更する(css) エクセルVBAでIEを操作する初心者向けのシリーズの6回目です。今回はタグ名で要素をゴソっと取得するgetElementsByTagNameの使い方です。様々なHTML要素を簡単に取得できます。 Set p = ie.document.getElementsByName("test3")(0) pタグに挟まれた文字列 "てすと" で評価するなら、次のように For Each ~Next から取得できます。 For Each tmp In ie.document.getElementsByTagName("p") If tmp.innerText = "てすと" Then Set p … PowerPoint VBA スライドサイズを「mm」で取得するマクロ PowerPointの単位は「cm」が基準になっています。 Illustratorで「mm」の環境に慣れている方のために、PowerPoint VBAでスライドサイズを「mm」で取得するマクロをご紹介します。 以下はp要素を取得しています。

ここの要素を取得するよ!

ここの要素を取得するよ!その2

オブジェクト『x』にはHTMLファイルに存在するp要素が全て取得されています。 children [ 1 ]); ノードオブジェクトの取得