抗がん剤 中止 理由
適切な解決策を知ることで、抗がん剤治療の延期や中止を留まることが可能です。 治療の継続を迷っていたけれど、解決に向かったケースをもとに、解決への2つのポイントをがん患者さん専門のfpがご紹介します。一番大切なのは抱え込まないことです。 医師に抗がん剤の中止を相談した数日後、「やっぱりどうしてもやめます」と伝えたら「そうですか」といって、抗がん剤の治療をやめることになりました。今は精神的に安定した状態でいます。 抗がん剤が効かない理由 その成功は、従来の抗がん剤がなぜ効かなかったのかも明らかにしている。 「抗がん剤を投与すると言っても、がん細胞を一気にすべて殺すほどの量を入れたら、その患者の生命維持にとって重要な細胞までやられてしまいます。 抗がん剤で治療を続けていると、白血球が減少して発熱することがあります。37.0度以上の微熱が続いたら、病院に電話しようか(行こうか)迷うことも。とりあえず保冷剤等で体を冷やしながら様子をみるとき、体温を下げる方法が数パターンあると体調に合わ 今日は二回目の抗がん剤ジェムザール(gem)投与の日。ところが中止になってしまった。 投与前の血液検査で、白血球数が2000しかなかった。その内訳である血液像は、好中球が17.9%(正常値は41.3%以上)であり、好中球の著しい減少が見られた。 (投薬を中止しての転院、本当に良かったですね。) 投与の前に医師から副作用などの説明がありましたか。なければその医師は医療法違反をしたことになります。 抗がん剤の類は、残念ながら根治薬ではなく、増殖を抑えるだけの劇薬です。 抗がん剤によって骨髄の機能が低下すると白血球(特に好中球)の数が減少します。一般的に抗がん剤治療開始後7から10日目頃から白血球の数が減り始め、10日目から14日目頃に最低になり、3週間くらいで回復してきます。 現在,抗がん剤の腎毒性に対しての有効な治療法は確立していません。 したがって,予防と早期発見が大切で,異常がある場合は,薬剤投与の中止や変更などを検討します。 抗がん剤が効かない理由 その成功は、従来の抗がん剤がなぜ効かなかったのかも明らかにしている。 「抗がん剤を投与すると言っても、がん細胞を一気にすべて殺すほどの量を入れたら、その患者の生命維持にとって重要な細胞までやられてしまいます。 抗がん剤の化学療法を実施する中で、白血球減少を理由に治療を中断する事例も少なくありません。 図1に中断理由の内訳を示した。 白血球減少(好中球減少を含める)による中断が52%を占めた。 その後も異なる抗がん剤をすすめられましたが本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活等の見直しに取り組んでまいりました。体重も6キロほど増えました。 本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。 抗がん剤を適切な時期にやめることで、寿命が延びた人もたくさんおられます」(前出・長尾氏) 2年前、ステージIIIの食道がんに冒されていることが発覚した黒田辰男氏(68・仮名)は、医師から「余命1年」と告げられた。 「抗がん剤の中止=死」ではない 「抗がん剤のやめどき3」――体重の減少 次に鈴木さんが私のクリニックを訪れたのは、3コース目のTS-1投薬が終わった直後だった。