代償分割 贈与税 判例

今回は「遺産分割の提案と代償金のリスク」ですが、東京地裁判決(平成11年2月25日)を取り上げます。 相続税の申告をする場合、税理士が遺産分割の内容に関わることはよくあります。そして、生命保険金を原資として代償金を支払うこともよくありますが、この場合に注意しなければな … 手に入れた相続財産以上の額を代償として払う場合、贈与税が発生してしまいます。 例えば、4000万円の不動産をaさんが相続したときに、代償分割として妹へ4000万を支払うことで納得してもらおうとします。 贈与税が発生する場合. 代償分割とは? 相続遺産が不動産であるとき効果的な分割方法です! 相続遺産の中に不動産のような「分割しにくい財産」が含まれるとき、代償分割は公平に相続人で分けられる方法です。代償分割したときの代償金や相続税の考え方について解説します。 代償分割が行われた場合の相続税の課税価格は、次のように算定することとされている(相基通11の2-9)。 <相続税の課税価格の計算方法> ①代償財産の交付をした者 [ 相続又は遺贈により取得した財産の価額 ] ― [ 代償財産の価額 ]