マツダ アイドリングストップ バッテリー
マツダ 純正 アテンザ gj系 《 gj2fp 》 バッテリー p20600-17000587がカーバッテリーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部 … マツダデミオ アイドリングストップしない原因にびっくり! 投稿日 : 2019年11月7日 最終更新日時 : 2019年11月7日 投稿者 : yuruta カテゴリー : 修理 電子制御が満載の最近の自動車、不調には思いも寄らない原因があったりします。

専用バッテリーは大容量でクイックチャージ性能に優れ、長寿命化といった特徴がある。価格は確かに普通のバッテリーより高価だが、寿命そのものは2〜5年と、アイドリングストップシステムがないクルマと大差がないはず。 バッテリー端子をはずした場合は、バッテリー端子接続後すぐにはアイドリングストップしないことがあります。また、バッテリーを交換したときは、i-stopの機能を確認する必要がありますので、マツダ販売店にご相談ください。 あれ?バッテリーって42B19RとかLとかじゃなかったっけ? と調べてみたら、アイドリングストップ車は専用バッテリーを 使わないといけないみたいなんですね。 これは、しまった、バッテリー交換が高くなりそうです。 バッテリー交換の価格は? アイドリングストップ車のバッテリーは普通の車のバッテリーとは異なり、バッテリーに優しくない環境下で常に酷使される前提で開発されています。 以上の理由から、アイドリングストップ車のバッテリーは非アイスト車やハイブリッド車と … アイドリングストップを「切」でも問題ないと思いますが、せっかくのアイドリングストップ車ですし、ご自分でバッテリーを交換できるスキルがあるのでしたら、通販などを利用しやすくバッテリーを入手すれば、省燃費性能も犠牲にすることが無いと思います。 アイドリングストップ車(マツダプレマシー)のバッテリー交換についてお聞きします。メインN-55とサブ34B17Lの併用のうち、メインN-55→メイン75B24Lに交換して問題ないでしょうか?同等品ですし、アイドリングストップ対応品N-55→非対応品75B24Lとなりますが、アイドリングストップは34B17Lが …